返済期間の長い住宅ローン

住宅ローンの返済期間

長期返済の住宅ローンについての話。今は収入も少ないし不景気というご時世から、長期返済の住宅ローンを選択する人が多いらしいです。35年前後が増えているという話もあるんです。確かに、35年という風な長期返済にすると、月々の支払額は減りますから、月収が低くてもローンを組めるということになりますし、将来的に子供が大きくなったりして支出が増えるということを考えて月々の負担を減らしたいから長期を選択するということも多いのかもしれません。しかし、長期返済にはそれなりのリスクがあることも忘れないようにした方がいいと思います。

 定年が65歳と仮定しても、35年ということは30歳でローンを組んでおかないと働いている間に完済出来ないという計算になってしまいます。定年が関係ない仕事に就いているのならともかくとして、普通の会社員などの場合は収入がなくなるということを考えておかないといけません。また、返済期間が長くなるということは当然、支払う総利息額も増えるということです。もちろん、だからといって月々に無理をして早く返した方がいいということではありません。そうすると、今度は別のリスクがあります。つまり、長期返済にも短期返済にも利点と難点があるということです。

住宅ローン審査
Copyright (C) 住宅ローン審査が通らない人の特徴【通らない理由を調べる】 All Rights Reserved