民間ローンと公的ローンで違う特徴

銀行の住宅ローンは民間ローン

銀行の住宅ローンは、民間ローンとしては金利が低いと言えるかもしれません。しかし、反面、審査が厳しいという話も聞きますので、利点難点それぞれにあるということでしょう。特に、このご時世、今までは借りられた人でも借りられなくなっているという風な状況ですから、ますます厳しいと考えておいた方が無難かもしれません。ちなみに、民間ローンと先に記しましたが、もちろん公的ローンもあります。財形融資と自治体融資です。民間ローンは都市や地方の銀行、生命保険会社、ノンバンクなどが住宅ローンを商品として販売しています。

 ちなみに、銀行の住宅ローン審査だけじゃなく、住宅ローンを組む時に気をつけたいことがいくつかあります。先ず借り入れをしているなら出来るだけ返済しておくこと。カードのリボ払いなども残高を減らしておくことが大事だそうです。年収や職業、雇用形態といったものが大事になって来るのは当然ですが、それよりも大事なのは借入時と完済時の年齢。返済負担率。勤続年数ということらしいです。これらが年収よりも大事なチェック項目になっているという話があるので、気をつけた方がいいかもしれません。勤続年数は基本は3年以上ですが、今は1年以上でも構わないというところもあるそうです。

 

 

住宅ローン審査
Copyright (C) 住宅ローン審査が通らない人の特徴【通らない理由を調べる】 All Rights Reserved