ローン返済に行き詰まる

ローン返済が苦しくなったら

ローン返済が不能になった場合、他の金融機関から借りてローンを返す。そんなことを繰り返して多重債務になってしまうことも多いらしいです。しかし、ローン返済が不能になった場合、先ず必要なのは借り入れた金融機関に相談すること。言い難いとは思いますが、早めに相談しておくことで損なわれる信用度合いを少なく出来ますし、そこから対応出来る選択肢も増えます。選択肢は、返済額の軽減申請、返済期間の延長申請、個人再生手続き、任意売却というものがあり、書いた順に借入れ者に不利になっていきます。

 軽減申請と延長申請は金融機関と交渉することになります。前者は短期間だけ返済が難しいという場合に適していて、一定期間の返済軽減をしてもらいます。もちろん、軽減分は期間満了時に払います。後者は長期的に返済が難しい場合に適していて、延長期間は月々の支払額が軽減されますが期間が延びることで金利負担が増えるのが難点です。個人再生は借金が3000万円以下であり、将来的にも安定収入が見込める場合に利用でき、場合によっては家を手放すことなく借金減額が出来ます。任意売却は金融機関に強制競売にかけられる前に自分の希望金額で家を売るということです。住宅を担保にしている金融機関の許可が要りますが、強制競売よりも高く売れる可能性が高いです。

住宅ローン審査
Copyright (C) 住宅ローン審査が通らない人の特徴【通らない理由を調べる】 All Rights Reserved