住宅ローン申請までの手続き

住宅ローン審査までの過程

住宅ローン申し込みの流れについて少し。住宅ローン申し込みの流れとしては、先ず金融機関にローンの相談をして事前審査の申し込みをします。審査は対象となる物件が決まっていないと出来ないので、当然ですが相談する前に物件を確定させておきましょう。事前審査は仮審査、予備審査とも言われ、2〜3週間程度かかるのが平均的です。ここで、支払い能力、信用度合いをチェックされます。尚、土地や建物の契約書にローン特約、もしくはローン条項などの項目があることをチェックしましょう。これは、予定のローンが借りられない場合、契約解除が出来るというものです。

 事前審査が通ったら、次は売買契約です。家の売主と売買契約を結びます。次が本審査です。ここでは、売買契約書が必要になります。また、審査には1週間程度かかると考えておいた方がいいです。ローンの保証会社が審査するので、当然チェックも細かくなります。次がローン契約です。土地、建物の保存・移転登記を行って抵当権の設定をします。そして、金融機関と金銭消費賃借契約を結びます。それから融資を受けて、それを売主に支払い、物件の引き渡しがあって完了となります。余談ですが、新築物件と中古物件では引き渡しまでの期間が違うことが多いので気をつけてほしいです。

住宅ローン審査
Copyright (C) 住宅ローン審査が通らない人の特徴【通らない理由を調べる】 All Rights Reserved