住宅ローンで注意すべき点

住宅ローンで気をつける点

住宅ローンに関する注意点はいくつかあります。先ず、自分の生活状況や性格に合った金利タイプを選ぶこと。それから金利の低さ。年間の返済額は年収の25%以内にすること。ボーナス併用を考えるなら、借入総額の10%程度にすること。返済は退職するまでを基本的な目安とすること。受けられる特別控除は忘れずに申請して受けること。自己資金として、総費用の20〜30%程度は用意しておくこと。借りられる額ではなく返済できる額を考えて借りること。返済が滞り始めたら、早めに金融機関へ相談することなどです。

 もちろん、他にも色々と住宅ローンに関する注意点はあるんですが、とりあえず思いついたものを記してみました。特に、借りられる額を借りてしまうことが多いという話も聞くので返せる額に注目するようにしてほしいです。それから、返済が困難になってきた時、対応が遅くなるほど不利になります。とれる方法は4つくらいありますが、とにかく早めに借入している金融機関に相談しましょう。短期的に返せないのか、長期的に返済見通しがたたないのかなどによってとれる方法が変わって来ます。返済困難時の対応というものがありますから、別の金融機関からお金を借りて返していくことを繰り返し、多重債務にならないように気をつけてほしいです。

住宅ローン審査
Copyright (C) 住宅ローン審査が通らない人の特徴【通らない理由を調べる】 All Rights Reserved