金利タイプで見るメリットデメリット

金利タイプによる利点と難点

金利タイプで見るメリットデメリットについて少し。先ず、固定金利について。固定金利には全期間固定と段階金利型があります。全期間の方は完済まで金利変動がない為、金利が低い時に借りると将来の金利上昇リスクを抑えられますし、返済計画も立て易いです。段階の方は11年目に金利アップなどのタイプです。これは、1度だけ金利上昇がありますが、1度なのでリスクとしては低いです。どちらにも言える難点は、金利が下がっている時に借りると金利負担で損をすることも。

 変動金利には、変動金利、上限金特約があります。変動は、年に2回程度金利見直しがあり、5年間は返済額固定という商品が多く、低金利時などには利点があります。逆に、返済額が5年程度変わらないということは金利が上昇すると未収利息が元金にプラスされることも。また、適用金利上昇すると5年ごとに返済額が上がるという難点があります。特約の方は、年2回程度金利見直しがありますが上限金利は超えません。期間内なら金利が上限を超えない安心と低金利時の金利の低さが利点。難点は、設定した期間ごとに返済額が変わること。適用金利上昇で返済額が上がること。変動よりもリスクが低い分、金利が少し高めなことです。金利タイプで見るメリットデメリットに注意が必要です。

 

住宅ローン審査
Copyright (C) 住宅ローン審査が通らない人の特徴【通らない理由を調べる】 All Rights Reserved